スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
新しい病院
2011/02/27 (Sun) 22:25:10
先週初めて東京で新しい病院に行った。

新しい先生に色々聞かれて
「手術?別に考えてません」
「親にカムアウト?・・・あ~、してないです・・・」
とか答えていたら
「あなた本当にGID?」
と疑われてしまった。

結局治療はしてくれるけど怪しまれたようだったので、前の病院からの紹介状を持っていって正解だった。紹介状に3000円くらいかかるけれど備えあれば憂いなしということで。


ところで関西から実家に帰っても未だに親にホルモン治療などについて話していない。
その話を知人にすると皆口を揃えて「それは(一緒に住むのは)無理でしょ」と言うのだが実際はこんな感じだった。↓

父「なんだか声がお兄ちゃんに似てきたね」
私「ん?そうかもね。まあ、兄弟だしね」

メンズスーツにネクタイ姿でいるのを見て
父「女性はスカートじゃなくていいのか?」
私「えーと、今どきはスカートでもズボンでも好きなほうでいいんだよ」
(ネクタイについてはお互いノータッチ?)

他人がどう思うかはともかくとして、
愛があれば大丈夫でしょう
というのが自論。
スポンサーサイト
ホルモン治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
銭湯
2010/10/16 (Sat) 00:17:35
この前は番台の若いおじさんに
「こっちだよ」
と男湯を案内され、しばし分かってもらえなかった。
それが結構応えていて、銭湯に行くことが重荷である。

どのくらい怯えて病んでいるかというと、黒っぽい革の財布から料金を払うよりも赤い小銭入れから払ったほうが女だと思ってくれるんじゃないかというアホなことを真剣に思いついてしかも実際に実行してしまうくらいだ。

昨日行った銭湯では入るときに緊張したが番台のおじいさんに何も言われなくてホッとした。
風呂を上がって出るときにも同じおじいさんで、ニコッとして普通に
「どうもありがとう~」
と言ってくれたのに、番台前の条件反射でしなくてもいい緊張をしてしまっているためぎこちなく顔を伏せたような会釈(←さらに男子っぽい!)しか出来なかった自分が嫌になった。

いつも私が銭湯に寄ってから帰ることを知っているサッカーの監督に
「最近男に見られることも増えてきたからいつまで銭湯行けるかわかんないんですよね」
とこぼしたら、
「そういう銭湯があったらいいのにな。どっちでも入れるような」
と返してくれた。
もちろん本気でそんなことを思っているわけでもないだろうしそれで何が解決するわけでもないけれど、体育会系の(つまり何というか本来自分みたいなのとは縁がないような)人に共感めいた言葉をかけてもらえたことに少しびっくりして、妙に心がほぐれた。
ホルモン治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
病院についての調査メモ
2010/10/07 (Thu) 00:11:07
梅田のナグモクリニックについて

・ホルモン注射125ml・・・1050円
・再診料・・・0円
・定期検査(血液検査?)・・・半年毎に7000円
・初診には、今通っている病院からの紹介状が必要

とのことだった。
ちなみに現在通っている天神橋筋六丁目の加納総合病院は

・ホルモン注射・・・250mlしか扱っておらず、1300円
・再診料・・・700円
・定期検査がだいたいこれも半年毎くらいで、保険非適用の検査約3000円と、保険適用の検査約1万円×3割負担=約3000円に分けて検査してくれる。


今の病院では大体3週間に一度250mlの半量だけ打ってもらっているのだが、いつもきちんと半量にされているのかどうか、つまりうっかり全量打たれているのではないかと心配になって精神衛生に悪い。

しかし、病院を変えるのはとても不安なものである。

地理的に通いやすいか?
予約時間は厳守しなくてはいけないか?(ちなみに今は予約時間は目安のようなものでゆるゆる)
打つペースなどに関して自分の希望をある程度尊重してくれる先生か?
いつも混んでいるのではないか?

心配の種は尽きない。
それがどうも今大きなストレスになっているようだ。
ホルモン治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
病院
2010/10/05 (Tue) 21:31:54
注射を打つ病院を変えようかな?
と考え中。
実は半年前から考えてたんだけど。

下見に行くとか、問い合わせるとか、ほんの少しずつでいいから行動してみよう。
ホルモン治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外見の変化など2
2010/10/01 (Fri) 11:54:56
来週注射17本目を打つところ。
友人などには「変わってない」と言われるが、声が低くなって髪を短く切ったこともあって男でパスすることも微妙に多くなってきた感じがする。
ちなみにこの間帰省したとき、事情を知らない親からは会って三日目くらいに、兄の声に似てきたねと言われた。

「パスする」とはトランスセクシュアル業界用語で「望みの性別として見える・通用すること」。
そもそも自分はパスしたくてしてるわけじゃないから、この意味ではパスとは言わないのか。

この間銭湯に行って女湯に入ろうとしたら番台の人に
「女の子?」
と聞かれた。

その話をFTMの友人達にしたら、
「もう女湯入ったらあかんやろ」
「そうやって疑われる時点でもうダメ」
と言われた。

いよいよ、こういった壁に当たる時期が来てしまったようだ。
ホルモン治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。