スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
読書:アメリカで起こっていること--堤未果のルポルタージュ--
2008/04/29 (Tue) 20:38:21
アメリカの肥満人口で増え続けているのは貧しさ故に食事内容を選べない貧困層だという事はどこかで読んで知っていた。しかし、堤未果のルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)(2008年1月)を読み進めるにつれてもっと悲惨な現状を知ることになった。

高過ぎる医療費と複雑な民間医療保険制度(アメリカでは公的な医療保険は無いに等しい)のせいで、家族の一人が一度でも病気にかかれば中流階級が借金地獄で貧困層に転落するのはあっという間だという。

年々上昇する大学の授業料と削減される奨学金予算、家庭の経済状況により大学への進学を断念せざるを得ない高校生の携帯電話に「君の夢を叶えてあげるから話をしよう」と軍のリクルーターから熱心な勧誘電話がかかってくる。2002年にブッシュ政権の施行した「落ちこぼれゼロ法」の下に、裕福でない学校は助成金と引き換えに生徒の個人情報を軍に渡さざるを得ない。軍はそんな学校の生徒達の家庭の経済状況まで知り尽くしているので最も苦しい立場にいる生徒を的確にターゲットにできるのだ。
・・・この境遇じゃ将来が心配だろう。君は諦めていた大学へ行くことができる。大学費用は全額軍が出してあげるし、望む職種の職業訓練も受けられるから将来の就職活動にも有利だよ。軍の医療保険もつく。なに、危ないところへ行きたくなければ「予備兵」に登録すれば大丈夫・・・
現実には巧妙なからくりがあって本当に大学に行ける兵士は全体の35パーセント、卒業できるのはわずか15パーセント、気が付いたらイラクの戦場の最前線へ送り出されている。
甘い「嘘」をついて高校生を勧誘するリクルーターも必死だ。何故なら与えられたノルマをこなして新人を入隊させることができなければ、自分自身が前線に送り出されることになるのだから。

戦争に行かされるのは軍隊の兵士ばかりではない。
多重債務に苦しむ民間人に、”派遣会社”から「いい仕事がある」と持ちかけられる。
トラック運転手や整備士等の仕事で高額な給料を約束すると言う。ただし、勤務地はイラク。労働環境は劣悪で、銃弾が飛び交う中に身を守る装備もない。米兵がペットボトルの水を飲むのに派遣社員は米軍の劣化ウラン弾で汚染された現地の水を飲むように指示される。死んでも民間人は戦死者に数えられることもない。万一生きて帰れたとしても、後遺症で人生は台無しになり前より酷い借金地獄に苦しむことになる。
「これは戦争ではなく派遣という純粋なビジネスです」と言い切る民間戦争請負会社は米軍の下請けで利益を出している。またビジネスには国境はない。標的にされるのは人種、性別、国籍すら問わぬ世界中の経済的弱者という「貧困ビジネス」が成り立っているのだ。自分と家族の生活のため条件を飲むより他に選択肢がない経済的弱者に付け込んで搾取する、利潤追求型の「戦争の民営化」の始まりだ。

日本でも民営化の波が押し寄せ、格差社会が広がっている。
医療や教育等の基本的権利に関する部分への保障を切り捨てたらどんなことになるか、これらの事実から学ぶべきではないか。遠い国の関係のない話ではないのだ。
日本国籍を持つ日本人も苦しい生活のためイラク戦争へ行った。日本国憲法25条(人間らしく生きる生存権)と引き換えに戦争を選んだと話す。

同著者の報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか(2006年4月)も合わせて読んだが、心の痛む内容だった。

しかし著者は、アメリカの高校生がインターネットを使って軍の学校への介入を阻止した例などを挙げ、一貫して真実を知ることと諦めないことが重要でまた希望でもあると伝える。

「無知や無関心は『変えられないのでは』という恐怖を生み、いつしか無力感となって私たちから力を奪う。だが目を伏せて口をつぐんだ時、私たちは初めて負けるのだ。そして大人が自ら舞台を降りた時が、子どもたちにとっての絶望の始まりになる・・・(中略)あきらめさえしなければ、次世代に手渡せるものは限りなく貴い」 (「ルポ 貧困大国アメリカ」あとがきより引用)

kerorou★がこの記事で紹介できたのはほんの一部だ。是非、この新書は買って読む価値があると思う(と言いつつ、自身は今のところ図書館で借りていますが・・・)。


----イラク帰還兵からのメッセージ----

敵を間違えてはいけない。
敵は政府でも大企業でもマスコミでもない。
最大の敵は、自分達国民の無関心と無知と諦めなのだ。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大事な時に限って
2008/04/26 (Sat) 00:06:56
今日は炊き込みご飯という日に限って炊飯器の「炊飯」ボタンと「保温」ボタンを押し間違えてしまう罠。キリンレンジャーだったら迷わず時間返しの技を使うところだ。あぁ、最近特撮観てないな。
しばらくはこれを雑炊にして食うしかあるまい・・・。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
体がボロボロです
2008/04/25 (Fri) 00:28:59
kerorou★は弱そうに見えて案外丈夫なカエルと言われていて、ずっとそんなカエルでいたいと思っていました。

しかし最近動くたび体のあちこちの関節がゴキゴキと鳴る。
何をしたわけでもないのに腰や膝が痛む。歳か?
鏡を見てびっくり、上腕が病的に痩せ細っている。

人は老いるものです。
しかしこの速さで進むともはや死も近いではないか。

・・・手近なところで、はじめての整骨院行きを決定しました。


診断結果:
あちこちの筋肉が固くなっている。体の中心が歪んでいる。足はO脚になりかけている。膝に水が溜まりかけている。あと何言われたっけ・・・? あ、腹巻をするように勧められました。しますとも!kerorou★春でも腹巻、であります。

マッサージされたり、電気を流されたり(よくあるカエルの実験ではありません)、温められたり、膝のテーピングもしてもらって国民健康保険3割負担で990円なり(初診料込み)。

本当は日頃からストレッチや筋トレをするべきなんだろうけど、
身体の管理に手を抜いていたつけが回ってきたのかな。
とにかく骨が鳴り止まないので、しばらくは整骨院に通うことにしよう。。
ちょっと情けないっす。
美容・健康 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
紫外線測定カード
2008/04/23 (Wed) 23:32:32
紫外線測定カード

ちょっぴり測定フェチかもしれないkerorou★は、紫外線測定カードを買いました。
電源ONから3秒で気温と紫外線強度(レベル0から8まで)が計れるのだ。
UVAとUVBのどちらを計ってるのか説明書に書いてないところあたり少々胡散臭いが、屋内や曇りの屋外ではUVレベル0、太陽光ではUVレベル3から4(四月、日中に測定)だったので、それなりに参考になりそうだ。

参考:屋内でも、蛍光灯に至近距離で近づけるとUVレベル1になりました。
   パソコンの液晶ディスプレイには近づけてもUVレベル0のままでした。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
またつまらぬものをつくってしまった
2008/04/20 (Sun) 22:39:16
4月18日は発明の日なんだって。
この日にちなんでものづくりに励む友人に感動し、贈る歌。

kerorou★の対抗作品はこれだっ!!


となりのトトロ「さんぽ」によせて

歩こう歩こう オタクは元気
歩くの大好き
ロンドン行くよ★w
パリより行きたい 秋葉原
日本橋に パーツを漁りに
価格はググって 最安値

自作(?) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
携帯電話インターネット層はネット下流と呼ばれることもあるが携帯を捨てたからといって上流になれるわけでは決してない
2008/04/16 (Wed) 22:58:32
携帯電話を解約してみた。

ケータイなんてネット社会で言えば所詮「下流」、別名親指族、べらんめぇヤンキーの持ち物じゃねえかと軽んじていたはずなのに(←注:年寄りのたわ言なんで気にしないでください)

なんだろう、この胸のチクリとした痛みは・・・

もしかしてkerorou★、携帯がなくなって
さ・み・し・い?

いやあ、慣れとは恐ろしいものですな。ガクガクフルフル

このカメラ付き携帯電話、解約したら日付・時刻も消えてしまったので目覚ましにもならないが、USBでパソコンと接続できるのでデジカメ代わりに使えそう。クックック、利用させてもらうぜ。

<うちの犬>
うちの犬
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネバーランドのリンゴ
2008/04/06 (Sun) 23:43:41
某モノレールの駅には「モノレール文庫」という本棚が設置してある。通るたび何か面白そうな本はないかと目をやってしまうのだが、過日スーパーアドベンチャーゲーム ネバーランドのリンゴ」という古びたゲームブック(1986年)を発見。
ゲームブック・・・。懐かし過ぎる。骨董品的価値があるような気がしていつの間にか持ち帰ってしまった自分がいた。
ええと・・・、
遊び方:「まず主人公の体力を決めます。さいころを2個振ってください」

> さいころ
ねえよ。博打打ちでもなけりゃ現代人は普通持ってねえだろ。しかも2つ。
kerorou★はこんなことにお金はかけないが時間はかけるぞー(暇人)。
実はkerorou★はプログラミングを初歩の初歩からのったりと勉強しております。とりあえずはC言語。学習の入り口にしかいないんですが。
前に乱数の生成はやったことがあるからサイコロ1個作るのは簡単。srandとrand関数をセットで使えばいいんだ。
ところが「遊び方」に忠実に2個(複数)同時にサイコロを振るプログラムを書こうとして、つまづく。
2つのサイコロで乱数の発生の種が同じになってしまう(同じ目しか出ない)。
ネットを検索して調べるうちに次のページを見つけて解決しました。非常~に参考になりました。ありがたい。
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/lib/srand.html

自分で書いたコードは以下。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>

int dice();

main() {
int n, i;
srand(time(NULL));
printf("何個のサイコロを振りますか?>");
scanf("%d",&n);
for(i = 0; i < n; i++) {
dice();
}
printf("\n");
}

int dice() {
double s;
int r;
s = ((double)rand())/RAND_MAX;
r = (int)(s*6)+1;
printf("%d ",r);
}


しかーし、ここまではlinux上での実践(&成功)でした。
同じコードをWindowsでコンパイルすると、挙動が違う!なんかおかしい!
コンパイル後の実行ファイルのサイズを見てみると、linuxでは7KバイトなのにWindowsでは16.7Kバイトになってるから、コンパイラが何か違う処理をしてるんだろうな。ここまで来ると手に負えないっす。でも少しは勉強になったからいいや。
っつーか、そもそも自分は一体何をやっているんだろう・・・
プログラミング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
忘れられない話
2008/04/05 (Sat) 19:07:32
崩れた建物の下敷きになった自分の子を助け出せないうちに火の手が回ってくる。
周りの大人たちは親を子どものそばから力ずくで引き摺り離して火から逃げる。
子どもは取り残されたまま親子の距離は離されていくが、互いの視線だけが最後まで離れない。


友人に聞いた、阪神・淡路大震災での話。
時間が経っても忘れられない。

もしも自分が「周りの大人たち」だったとしたら?

生きるか死ぬか、誰をどう助けるのか、一刻を争う場面で問われたことはまだない。
そんな時が来たら実際にはどのように行動してしまうのだろう。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。