スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
覚え書き
2008/08/27 (Wed) 20:11:12
ACアダプタケーブル直流部分
ケーブル
内側がプラス、外側がマイナス!

本日使用した精密作業用はんだについて
スズ60% 鉛40%
ヤニの種類:活性化ロジン
融点183~190℃
長さ約4.7m、重さ約16gで税込み304円。
スポンサーサイト
自作(?) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
テレビが~
2008/08/23 (Sat) 02:49:27
欲しいような~、欲しくないような~
欲しいのをー、欲しくないような~
欲しくないのにー、欲しいような~・・・


そもそもテレビはあまり好きではなくて持っていないから、今年放映されてたドラマ「ラスト・フレンズ」なんかも一回も見たことなくて日本のSM(Sexual Minority)業界のブログネタにちっともついていけなかったな・・・。

まあそんなことよりもだ、「鋼の錬金術師」のTVアニメ新シリーズが来年あたり放送予定だそうだことを知って驚いた。個人的に涼宮ハルヒの第二期(それとも新アニメーション?)よりも注目している。
何せハガレンのストーリー自体は面白いのにアニメ終盤の話のまとめ方がめちゃくちゃでとても残念だったから。映画版は言わずもがな・・・。だから、新シリーズをやるならどう再開していくのかが楽しみだ。

ハガレンアニメに関する感想を言えば、対象年齢が不明な気がする。演出が幼稚園くさくてかっこよくないし、ギャグも洗練されてない。かといってお子様向けかと思えば母親の死・自身の失われた肉体などの重い事柄に関する心の傷の描写が生々しくて辛い(そこがいいところでもあるけれど)。まあ、とにかく見ていて安心できないアニメである。
これで話がつまんなかったらそもそも見ないんだけど、設定が面白いからやっぱり見てしまう。

ちなみに対象視聴者への門戸の広さで見事と思ってしまったのはハガレンと連続時間で放映されていた「カードキャプターさくら」かな。ロリ的さくらさん、ツンデレ兄、学者父、コスチューム好きのオタクなお嬢さま知世ちゃん等の萌え要素満載で、各々のピンポイントでトラップに引っかかってしまった人多数ではないかと思われる。

色々ありますが結局テレビは買わないんだろうな。でも、もしもあったらケロロ軍曹が毎週見れるのか・・・。それは魅力かも。


・・・何だかとてもイタイ記事な気がするぞ(何を今さら)。
最近夜眠れなくて困る。うーん、こんなことダラダラ書いてる暇があったらSICPの勉強でもしろってんだ。
アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
買ってしまった
2008/08/20 (Wed) 19:37:51
<グインサーガシリーズ(一部)>
グインサーガシリーズ

実用書以外の本はあまり買わないことにしているのだがとにかく安かったもので一気買い。
《紅の傭兵》イシュトヴァーンや《光の公女》アムネリスなどの二つ名が出るわ出るわ。

しかし今出てる巻数だけでこの写真の4倍以上あるんだよな・・・。
もともと全百巻で完結させる予定だったのが話の収集がつかなくなって現在120巻を超えて更新中だそうだ。もしこれで作者が急逝や断筆なんかしちゃったらファンにしてみたら悲惨だろうな。どうか無事に完結しますように。

あ~、こーやって魔境や王宮の世界との親和性を高めたところでゴロゴロと寝ころび自堕落な生活を送りたい気分に拍車がかかる。
| トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
Gaucheはじめの一歩
2008/08/18 (Mon) 00:04:58
xとyの大きい方を返す関数largerを定義してみた。

(define (larger x y)
        (if ( < x y )
             (y)
             (x) ))

とすると・・・
           
gosh> (larger  123  456)
*** ERROR: invalid application: (456)

大きいほう返って来てるけど何でエラー??
と思ったら、左かっこ直後のものは手続きだと解釈するのだそうだ。
456なんて手続き知らないよ、って言われてるんだな。

正しくは、
(define (larger x y)
        (if ( < x y )
             y
             x ))
            
括弧の数が多過ぎたり少な過ぎたりしてしまう・・・。
プログラミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暴虐錯誤(アウトブレイク)kerorou★です
2008/08/10 (Sun) 00:00:00
二つ名メーカー 名前を入力するとライトノベル風の二つ名を生成するよ。
自分はモチロンちょっと気になるあの人も、ちょっぴり苦手なあの人も、二つ名調べて遊んでみよう♪


意味は無いが楽しい。
姓と名の間にスペースを空けたりしても違う名前が生成されるので、自分にしっくりくるものを見つけてみましょう。
kerorou★のいくつかの名前のうち試して特に気に入ったのは、

空笑礼賛(デモンランチャー)



波動戦鬼(ブルータルヴェロシティ) 強そう・・・

てゆうか、そんな二つ名の出てくるライトノベルを読んだことがないんですけれど・・・・・・世界って広いなあ。kerorou★は井の中の蛙ですよ。
そもそもライトノベルって何?涼宮ハルヒとかマリア様がみてるとかですか?あ、グインサーガシリーズなんかはちょっと近い(=そんな名前が出てきそう)ですかね?

というわけで、どなたかそんな小説をご存知でしたら紹介してください★
後学のために・・・。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
参考書:プログラミング言語(主にC)入門関連
2008/08/09 (Sat) 20:07:15
プログラミング言語の入門書は溢れるほど出回っているから(でも図書館にはほとんど置いていないのでお試しができず、)いつもどれを買うか迷う。
立ち読みしてもその本が良いか悪いかすぐには判断できずに結局同じ分野の入門書を2冊かそれ以上よく買う(ひどい時には分野からして間違える)。一冊目がイマイチで違う著者のを買うというパターンが多い。しかし貧乏性なので買った本は気に入らなくても大抵一通りやってしまう(その後古本に出す)。まあ、二回くらいは入門しないとkerorou★の頭には入らないのでちょうどよかろう。

CとC++で個人的に当たりだと思った入門書を一つずつ。
C:C言語体当たり学習 徹底入門 (前橋和弥)
シンプルな考え方と愉快な語り口調に共感してうんうんと頷きながら進められた。随所でプログラミングの作法的なことも伝えてくれるので初心者としては有難く、この著者について行こう!という気になる。

C++:ビジュアルラーニング C++入門 (さかお まい)
C++はCの拡張と言うし正直最低限の勉強で済ませたい・・・なのに何故C++参考書は分厚い本ばかりなんだ!?と嘆いていた時に出会えた。本の薄さとC言語からの自然なステップアップがツボに来ました。


Windowsプログラミングに関しては猫でもわかるWindowsプログラミング 第2版 (粂井 康孝)を購入したのだが、その後出版された同じ本の第3版を「Unicode・最新環境対応!」の呼び文句に煽られてまた買った。
同じ本2冊・・・無駄っぽい!Unicodeだの環境の変化だのはネットで調べてなんとかするものなんだろうがkerorou★は機械音痴の小心者なので仕方がありません。
差分を目視確認したらどっちかを売りに出す予定。
プログラミング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
kerorou★速報
2008/08/06 (Wed) 20:43:06
kerorou★に「性同一性障害」の第二段階の診断・治療の判定が下りた。
正式な書類が回ってくるまで更に一月ほどかかるようだが、これでホルモン治療の開始が公的に可能となった。
ジェンダークリニックでの精神科の初診から8ヶ月と半月ほどで判定が下りたので、自分が思っていたより早かった。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
運転免許証更新手続
2008/08/04 (Mon) 01:47:18
先日運転免許証の更新に行ってきた。
運転免許証には性別の記載欄がないことはご存知の人も多いだろう。
ところが更新手続のための申請用紙には何故か「男・女」と○を付ける欄があった。
肝心かなめの免許証に記載されないのだから不必要なチェック欄だろうと考えて無記載を決め込んだが、用紙を確認する係の人に記載の名前と自分の「顔」を見比べられて性別を判断&決定されてしまった。

こんなこと気にするだけ損なのだろう。只でさえ面倒な更新手続きを更なる面倒に持ち込むのも億劫だった。
しかし「運転免許証」という何やら公的な権力を匂わせる用紙を前に、性別欄のどちらにも×を付けたりしてみる度胸がなかったというのが本音である。小心者である。場馴れしてない。そして、何か割り切れない気持ちだけが残ってしまう。

過去、色々な場面で言葉や経験(と度胸)が足りない故にもどかしい思いをする他になかった。
例えば自分が学寮に入った時も、自分の状況を訴える言葉、現存の制度に挑戦する力を持っていればよかったのかなと思う。ただ、無知&無力であったので仕方がないのだろう。
今後の自分のがんばりに期待。

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。