スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
1Q84
2009/07/27 (Mon) 00:58:00
昔から小説好きで一度読み始めた本は必ず最後まで読むタイプだったのに、村上春樹だけは自分だけが特別で賢いとでも思ってそうな嫌味な文体に嫌悪感を催して読むのを止めてしまうことが多々ありました(10年以上前の話です)。
しかし10年も経てばお互い大人になって違う印象が持てるかもしれないし、流行を追ってみるのも一興かと思い・・・

ちなみに村上春樹については似たようなことを感じている人が。↓
お天気お姉さんのプチ日記 http://blog.livedoor.jp/weather11/archives/51665553.html
上はlivedoor天気予報の2009年5月のお天気お姉さんである、たみおになさんの日記。
月ごとに変わるお天気お姉さんのブログの中で、たみおさんの日記がダントツで面白かったなあ。チェックしてたのに5月で終わってしまって残念であります。

それで、1Q84を読んでみて、これは普通に面白いと思いました。
(ラノベ以外の)小説をしばらく読んでなかったせいもあるのでしょうが、序盤から「こんな面白い小説を読めるなんて、生きていてよかった」と思ったほどです。
昔何より気に食わなかった文章は、スカした感じの春樹節を自らネタにしたギャグに昇華の域に達してい(るように思え)ましたし、小説らしい小説だったので、小説好きとして満足させてもらいました。
新しい作品だから面白かったのかこちらの感性が変わったのか確認しながら村上春樹の小説を新しい順に読んでみてもいいかな。
他にも「素直に」好きな作家はいるのであえて村上春樹にこだわることもないんだけど。
次は何を読もう。
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<HP(Hewlett-Packard) | ホーム | 部分日食>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/102-4867e01c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。