スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ペルセウス座流星群
2009/08/13 (Thu) 23:11:29
8月12日、googleのトップページを開いたら流れ星のイラストがあった。
何だろうと思って見てみたら、毎年8月12日から13日にかけてはペルセウス座流星群が観測できるピークだそうだ。
毎年そんな素敵なイベントがあるなんて知らなかったぞ。

ちょうど翌日の仕事は休みだったので、「近所の河原に朝まで寝そべって流れ星を見る計画」を急遽発案&実行した。
まずは腹ごしらえをしておこう(職場で夕飯を食べた上、帰ってから酒とつまみも取った。しかし朝までは持つまい)ということで、13日午前1時頃にラーメン屋で背脂とんこつラーメンを食べた。めちゃくちゃ美味かったラーメンの余韻とともに空を見上げながら一旦家に戻る途中、明るい流星が一つ見えた。

それからレジャーシートと枕を用意し、自転車に乗って河原へ向かった。
しかしすぐにも蚊の襲来への対策が甘かったと思い知らされた。
午前2時半頃、ぐんぐんと曇ってきたのを潮時に一旦退却。
普通だったらここで諦めて寝るんだろうな、と思ったが、そこは暇人。
河原の傾斜に寝転ぶと枕はない方が空を見上げるのにちょうどよかったので枕は家に置いて、長靴下+ジーンズ+長袖上下ジャージの重装備に着替えて虫除けスプレーとキンカンとサッカーボールを持って再び出かけた。

今度は河原の中でもさっきより暗いところを探して、自転車で川沿いを走ってみた。
真っ暗だが真っ直ぐな、川のすぐ横を走るのはとても気持ちが良かった。
走っている間にまた流星が一つ。
しかしさすが大阪、川岸といっても街の明かりから逃れることは困難であった。
「まあまあ暗い」場所で妥協して、本格的に寝転ぶ。
重装備のおかげで今度は蚊にはあまり悩まされなかった。

月が本当に明るい。
雲が比較的出ていて天気もさほどいいとは言えない。
おまけに大阪は明るくて空気もきれいではないだろう。

そんな悪条件ではあったがラーメン屋帰りの一つから数えて、朝の5時くらいまでには合計20個くらいの流星を見ることができた(10個を超えるとカウントがどんどん曖昧になっていった。数を数えるのは苦手だ)。

空が明るくなりかけたところに流れる流星も、なかなかに風流であった。

完全に明るくなるのを待って、リフティングの練習をしてから家に帰って寝た。

ところで今ふと思ったが、流れ星と小田和正の曲は合うような気がする。



実際河原での頭の中のBGMは矢野顕子の歌う「中央線」だったけど。

今ごろ君は 流れ星砕いて 
湯船に浮かべて 僕を待ってる・・・

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日のことわざ | ホーム | デスクトップPC電源不調>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/105-eaa2a31d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。