スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
哲学系フットサル大会
2009/10/24 (Sat) 00:00:09
哲学研究室、古代哲学研究室、社会学研究室、宗教学研究室の四チームが対戦するフットサル大会に参戦してきた。
kerorou★が入れてもらったのは週に一度だけSICPのセミナーに顔を出している哲学研究室。
古代哲学と区別をつけて「純哲(じゅんてつ。純粋哲学ということか?)」と呼ぶらしい。

「純哲、ファイトー!!」「オーッス!」
と、ほとんど知らない人ばかりの円陣に密やかに紛れ込むkerorou★。

普段地元でやっているサッカーではまず試合など出られる機会がないので、ここぞとばかり
「kerorou★さん、最初の試合スタメンで出ますか?」
はい!出たいです!!
控えで座っている時も
「kerorou★さん、そろそろ交替行きますか?」
はい!行きます!!
とたくさん試合に出してもらえた。
哲学研究室の人々の心優しいことよ(もしかして、だいぶ気ィ使わせた!?)。

哲学研は例年ボロ負けの惨敗続きだったそうなのだが今回は一勝一敗一引き分けで、いい結果だったとみんなで喜んでいた。

始まる前は何だかんだでゆるい大会なんだろうと思っていたらまさかのガチンコ真剣勝負。
特に、優勝した古代哲学チームは容赦なくケズって来た!
しかし大きな怪我もなかったようだし、かなり盛り上がって非常に楽しい大会だった。

試合が始まる前、一時間も早く会場についてしまったので一人でポンポンリフティングをしていたら宗教の人(宗教学チームの人)に声をかけられて、大阪に住んでいると言ったらフットサルを一緒にやらないかとスカウトされた。

まだ男性ホルモンの注射を一本打っただけなので当然ながら外見も声も変わってない。
だから
「ミックスの試合をやりたいんだけど、女の子が足りなくて」
という話の流れになった時は
(どうしよう、これから外見が変わるんやけど)
と思いつつ、
完全に対女の子モードで話をしてくる相手に対して「いや、実はですね」とも非常に切り出しにくく、その話はその場では曖昧にしてしまった。

連絡先を交換したので家に帰った後、相手からメールが来る前に先制攻撃を仕掛けた。
「男性ホルモンを投与しているのでレディースメンバーとしてお役に立てるかどうかはわかりませんが、それでもよかったら誘ってください」

女性の外見じゃなかったら誘われなかったんじゃないかと思うと申し訳ない気もするけど気にしても仕方がないので、声かけてもらえてラッキー☆くらいに捉えることにしよう。

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイトルなし | ホーム | 一段落>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/122-20cacdf7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。