スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
年末年始に観た映画
2010/01/10 (Sun) 21:38:35
正月休み前後は家で暇なことが多かったので、TSUTAYAのオンラインDVDレンタルシステムの一ヶ月無料お試しを利用していた。

観たいDVDをネットから注文すると自宅のポストに宅配されて、返却は郵便ポストに投函するだけ。
近所にまともなレンタルビデオ屋がない人間にとっては非常に便利なシステムだった。

お試し期間中に観た映画は次の8本。

・デトロイト・メタル・シティ(実写映画版)
・バス男(ジョン・ヘダー主演)
・ナビィの恋(沖縄映画)
・奥様は魔女(ウィル・フェレル)
・千年女優(アニメ、今敏監督)
・ママ男(ジョン・ヘダー)
・がんばれ!ベンチウォーマーズ(ジョン・ヘダー)
・スカイクロラ(アニメ、押井守監督)

一番良かったのは「バス男(原題:Napoleon Dynamite)」。
「俺たちフィギュアスケーター」に出ていたジョン・ヘダーが演じる、田舎のダサい高校生の話。
最初から最後まで特に盛り上がりのない話ではあるのだが、独特のセンス満載でお腹が捩れそうだった。
声を出して笑う程ではないけどニヤニヤ笑いが止まらないという、好きなタイプの笑い。
登場人物みんな面白いけれど、主役がまさにダイナマイトだ。
「俺たちフィギュアスケーター」から注目していたが、ジョン・ヘダーは鬼才であるとこれで確信した。


ところで自分は昔から他人が良いと言った映画を観ても、何が面白いのかと思うことが多い(だから普段はあまり映画を観ない)。
けれどどんなにつまらない映画でも、観た後に何か独特の印象が残ったり、くすっと笑えるワンシーンがあったりすれば、それだけで価値のあることかもしれないと思うようになってきた。




未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<部屋の整理をしていたら | ホーム | 電車の中で大型本を読む>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/135-5bb69c09
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。