スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
読書経過
2010/06/26 (Sat) 20:03:58

恩田陸 上と外 (幻冬舎文庫)
図書館で何を借りようかとうろうろしていた時に目に留まったので、全6巻を借りてみた。
一冊一冊がかなり薄い文庫本なので、すぐ読めた。
主人公の子供たちが妙に大人びていて、現実には中学生や小学生ってもっともっと子どもなんじゃないかなーと思う。
ファミリーレストランで若いウエイトレスに威張る客に対して小学生の女の子が「こういうところの女の子に偉そうにするなんてサイテー」と怒っていたのだが、ウエイトレスを「女の子」呼ばわりする言葉の使い方が既にオヤジの視点だよな・・・・・・。


西尾 維新 化物語(上) (講談社BOX)
アニメから入った。上巻のみ買って読んだところ。
面白いので続きも是非読みたいが、とりあえずアニメの完結を全て観てから下巻は読みたいと思っている。
神原駿河の、阿々良木先輩褒め殺し的な喋り方が面白くて大好きだ。


藤本ひとみ ジャンヌ・ダルク暗殺
会社の人に借りた。
混乱の時代を、他人を利用してでもしたたかに生き抜いていこうとする一人の娼婦が主人公の小説。主人公の設定など、物語を書くのが上手だな。
「神様なんか信じない」という娼婦の、それでもどこかで神を信じたい心の揺れが丁寧に書かれている。結局、ジャンヌダルクは神を信じながら処刑されてしまうからその面では救いはないのだが・・・・・・
最後の最後にとても優しいラストシーンが用意されていて、心温まった。


イタロ・カルヴィーノ 冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)
会社の人に借りて読み始めたところ。
初めての作家に、初めての作風。


人の本を借りるのは、世界が広がって嬉しい。
でも、貸してもらえるのに対してお返しできるほど自分はほとんど小説を所有していない。
シオドア・スタージョンだけは何冊か持っているので(しかも「海を失った男」はハードカバーと文庫版と2冊)・・・
「これしか持っていないんですよ」と言いながら無理矢理スタージョンを貸し出す。まるで布教活動。
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<8月末は東京に | ホーム | 読書メモ>>
コメント
----

お久しぶりです!!気になった本があったのでコメントしました。
化物語終わっちゃいましたね~ひたぎさんの毒が好きでした!
あと個人的にシャフトの画面構成が大好きです!!

最近読書から遠ざかり気味なので、参考にさせていただきますm(__)m
by: ふくせ * 2010/06/29 16:58 * URL [ 編集] | page top↑
--ふくせさん--

こんにちは!

あ、化物語完結したんですね。早く観たい・・・!ワクワク

ふくせさんとは趣味が合うから、また面白い本を見つけたら是非是非教えてくださいね★
by: kerorou★ * 2010/06/30 02:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/149-c3a069c1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。