スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ネバーランドのリンゴ
2008/04/06 (Sun) 23:43:41
某モノレールの駅には「モノレール文庫」という本棚が設置してある。通るたび何か面白そうな本はないかと目をやってしまうのだが、過日スーパーアドベンチャーゲーム ネバーランドのリンゴ」という古びたゲームブック(1986年)を発見。
ゲームブック・・・。懐かし過ぎる。骨董品的価値があるような気がしていつの間にか持ち帰ってしまった自分がいた。
ええと・・・、
遊び方:「まず主人公の体力を決めます。さいころを2個振ってください」

> さいころ
ねえよ。博打打ちでもなけりゃ現代人は普通持ってねえだろ。しかも2つ。
kerorou★はこんなことにお金はかけないが時間はかけるぞー(暇人)。
実はkerorou★はプログラミングを初歩の初歩からのったりと勉強しております。とりあえずはC言語。学習の入り口にしかいないんですが。
前に乱数の生成はやったことがあるからサイコロ1個作るのは簡単。srandとrand関数をセットで使えばいいんだ。
ところが「遊び方」に忠実に2個(複数)同時にサイコロを振るプログラムを書こうとして、つまづく。
2つのサイコロで乱数の発生の種が同じになってしまう(同じ目しか出ない)。
ネットを検索して調べるうちに次のページを見つけて解決しました。非常~に参考になりました。ありがたい。
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/lib/srand.html

自分で書いたコードは以下。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>

int dice();

main() {
int n, i;
srand(time(NULL));
printf("何個のサイコロを振りますか?>");
scanf("%d",&n);
for(i = 0; i < n; i++) {
dice();
}
printf("\n");
}

int dice() {
double s;
int r;
s = ((double)rand())/RAND_MAX;
r = (int)(s*6)+1;
printf("%d ",r);
}


しかーし、ここまではlinux上での実践(&成功)でした。
同じコードをWindowsでコンパイルすると、挙動が違う!なんかおかしい!
コンパイル後の実行ファイルのサイズを見てみると、linuxでは7KバイトなのにWindowsでは16.7Kバイトになってるから、コンパイラが何か違う処理をしてるんだろうな。ここまで来ると手に負えないっす。でも少しは勉強になったからいいや。
っつーか、そもそも自分は一体何をやっているんだろう・・・
プログラミング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<携帯電話インターネット層はネット下流と呼ばれることもあるが携帯を捨てたからといって上流になれるわけでは決してない | ホーム | 忘れられない話>>
コメント
--ネバーランドのリンゴ--

かー、持っていたよ。多分実家に未だ有る。
by: 酸グエン * 2008/04/14 03:12 * URL [ 編集] | page top↑
--酸グエンさん--

コメントありがとうございます★

> 持っていた

なんと!
で、面白いんですか?これ(笑)。
kerorou★はゲームにはあまり興味ないからか、面倒だからか
面白そうとは思うんだけど、手がつけられないんですよね。
by: kerorou★ * 2008/04/14 11:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

ちょっと終盤の迷宮で萎えた記憶が。無理矢理1000番まで稼いで大作を名乗っていた作品だったかと。当時の兄の言葉によると、続編のニフルハイムのユリはそこが改善されているそうです。当時自由に散財を許されなかった小学生の私はついに手に入れる事が有りませんでしたが。

雰囲気は日本の作品には珍しく異世界らしさが出ていて良かった記憶が有ります。

ちなみにゲームブック作家で有名なのは
スティーブジャクソンとイアンリビングストンです。スティーブジャクソンのソーサリーシリーズ4冊が最も繰り返し遊んだゲームブックでした。
by: 酸グエン * 2008/04/14 14:06 * URL [ 編集] | page top↑
--落ち--

流石、詳しいんですね。
あの頃はインターネットもなかったし、娯楽も少なかったですからね・・・(遠い目)

感化されて関連項目を調べていたらWikipediaの「ゲームブック」の項に
「一部の作品ではサイコロの目が各ページの隅に印刷されていて、ページを適当に開けることで本自体をサイコロの代用品とすることができるようになっている。」
とありました。
確かにページ隅にサイコロの絵が書いてあるのにその使い方にちっとも気付きませんでした!
何て鈍いんだろう・・・

by: kerorou★ * 2008/04/15 00:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/17-312360e4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。