スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
eclipseでのAndroidNDKビルド環境(Windows) javah編
2011/10/29 (Sat) 05:02:49
NDK開発環境整備の続き。
昨日の作業でCのソースファイルのビルドは自動でできるようになったけれど、
ついでにNative関数のヘッダファイルを作成するためにコマンドラインからjavahを実行するのまでeclipse上でできたらいいなと思ってbuild.xmlを作成することにした。

しかし、

<target name="makeh">
<javah classpath="classes" outputfile="jni/ヘッダファイル名.h">
<class name="クラス名"/>
</javah>
</target>

などと記述してAnt実行しても"can't load javah"と怒られる。
パスがおかしくてjavahが読めてないのだろうが、どう設定したらいいのかわからない。
コマンドラインからならjavahは通るのに何でだろう・・・と、
まともに解決するのは諦めて、build.xmlを

<target name="makeh">
<exec executable="cmd">
<arg value="/c" />
<arg value="makeh.bat" />
</exec>
</target>

としてmakeh.batの中身を
javah -classpath bin -d jni クラス名
として無事に動いた。
どうもやっつけな感があるが、とにかくやりたいことはできたのでよしとしよう。

昨日と今日の作業で、ndk-buildやjavahのためにターミナルを開かなくて良くなった。
別にコマンド打つのが嫌いなわけじゃないけれど、eclipseとターミナルを「両方」開くのが嫌なので。
これでやっとコーディングに入れる。
プログラミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つまらなくなったら | ホーム | eclipseでのAndroidNDKビルド環境(Windows)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/235-20e140a0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。