スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
TOEIC勉強記録
2012/03/25 (Sun) 19:09:18
TOEICの問題をやって気づいたことのメモ。

まず、今まで聞いたことがなかったのにTOEICの勉強を始めてからしつこく出てくる頻出語彙。

・state-of-the-art: 最新式の
・vehicle: 車両の類
・itinerary: 旅行日程
・HR(Human Resource): 人事部

ヴィエクルとかアイテネラリィとか発音が難しいけど、ネイティブはこんな単語日常で使ってるのかな?


次は、パート毎の弱点や自分なりの戦略など。

  • Part1.(写真の描写)
is being~など、「まさに今~されているところである」といった選択肢に引っ掛かりがち。
has been~であれば正解だったりする。

  • Part2.(一文応答)
選択肢のうち2つはまったく見当違いの答えのため、不正解の選択肢を聞いているうちに最初の質問を忘れてしまう。
質問文を聞いたら質問者になり切って状況のイメージを(日本語でいいので)頭の中に思い描いて保持すること。「今週ジェシー見かけなくない?」など。

  • Part3, 4.(ダイアログまたはモノローグと質問3つ)
問題文と選択肢の先読みの速読が追いつかない。もう少し練習して速度が上がるまでは、問題文だけの先読みにフォーカスしてみようかな。
また、マークシートを塗るのは後回しにするという戦略が推奨されているようなのでそうしてみる。

  • Part7.
これは集中力が切れたり焦りが出てきたらアウトなので、リーディングセクションの最初に取り掛かることにする。
集中力は年齢のせいか続かなくなっているし、焦りには昔から弱い(フリーズしてしまう)。
逆に言えば集中力が保てていて焦りがなければPart7.は難しくないので、一問一分ペースを保って集中力が切れてきたら残しておいたPart3,4のマークを無心に塗る作業で精神統一。

  • Part6.
これは簡単な問題が多いので一番最後でいいかとも思ったけれど、文脈依存の問題もあるのでPart7の次にやったほうがいいかな。

  • Part5.
風のように速く解く。迷った場合は文法を意識する。けれどなるべく迷わずに感覚で解ける方が望ましい。そのためには日々の下積みが重要。


その他・・・

模擬試験を解いていたとき、特にリスニングセクションで、マークミスをいくつかしたことに気づいた。
答えに"A"が含まれている(awardとか、a phoneとか)問題で心の中で「あ。あ。」とつぶやいていたのでうっかり選択肢Aにマークしてしまったらしい。そんな間抜けなことをしていたと気づいて良かった。これは気をつけよう。
そんなこともあるので、問題集の模擬試験をやるときには鉛筆と付属マークシートを必ず使う。答えあわせの時なども問題集は汚く使い倒して使用後に中古品出品しようとかいうことはゆめゆめ考えない。


あとは、TOEIC受験に必要ないとは言え、自分の発音がひど過ぎる。何とかならないものか・・・。
資格 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<単語メモ | ホーム | ひとりランチ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/262-bbe390c3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。