スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
打鍵音
2012/09/09 (Sun) 22:24:45
今日はファイナンシャルプランナー3級の試験を受けに行った。
何でそんなのを受けようかと思ったかというと自分はお金に興味がある割には一般常識に欠けているという自覚があったから。曲りなりにも不動産に手を出したことだし知識を少しでも入れるきっかけになればと。

結果については、即日解答が発表されていたので自己採点で
学科:46点(60点満点。36点以上で合格)
実技:42点(50点満点。30点以上で合格)
で問題なし。
仕事に使うわけではないから合否は重要ではないのだが、ニキビが酷いので一旦「洗わない洗顔」をやめてみるにあたって気に入ったメーカーの高級な洗顔料をこれに合格したら自分へのご褒美に買おうと思っていたのを期間限定セールの誘惑に負けて試験前に買ってしまったというどうでもいい辻褄を合わせられて一安心。

本題。
今日試験を受けに行って一番びっくりしたのは何かというと、この試験では電卓の持ち込みが可能なのだがその打鍵音が大きい人が目立ったこと。
午前と午後の試験両方で試験前と試験中に電卓の打鍵音を高らかに響かせる人が、一人ならともかく、数人ずついた。
この試験はものすごく時間に余裕があるし大した計算をするわけでもないのに、何故そんなに激しく音を立てて電卓を叩くのか不思議というか、正直言って何だかかっこ悪いなあと思った。

・・・そこで「人の振り見て」シリーズ。

普段の仕事(プログラミング)を振り返ってみると、自分の打鍵音は大きいほうかもしれない。
今まであまり意識はしなかったけれど、今日自分が思ったように「急いでいるわけでも大したプログラミングをしているわけでもないのにキーボードがうるさい」と思われているかもしれない(T T)。
プログラミング能力と打鍵音の大きさは反比例するというような言葉を昔どこかで読んだ気もする。
打鍵音が大きいのはどちらかというとかっこ悪いことだということに気付いたので、特に人の前では、これから気を付けようと思った。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<次の目標 | ホーム | 総括>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/285-c7f5df0c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。