スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
読書:アニメのノベライズ版
2008/05/01 (Thu) 23:18:02
アニメ原作の小説版について昔読んだものも含めて覚え書きしておこう。


「天空の城ラピュタ」 アニメージュ文庫
原作に忠実。
既にアニメを何十回も見ているからか、忠実過ぎる故に読む楽しみがあまりなかった。
エピローグがあるのがアニメとは一番違うところ。


「少女革命ウテナ」 パレット文庫
同人誌気味。人気がなかったのか第二巻までで未完である。
ミッキーが第一巻でいい味出してたのは個人的に萌えだが第二巻は少女漫画・ラブコメチックで微妙・・・。
小説とは関係ないけどクィアなMAD動画を見つけてしまった。曲はFrankie Goes To HollywoodのRelax(歌詞が判るとより面白い笑)。可笑し過ぎて日記に埋め込むのが躊躇われるので。http://jp.youtube.com/watch?v=NC5bd0Rpjng


「ふしぎの海のナディア」 アニメージュ文庫
アニメと大差ない時期に読んだので、もう内容はてんで忘れました。
しかし「女の"コ"」や「…ッ!」等の文字表現をここで覚えたと記憶している。
使用例:「女のコの気持ちって、わかんないなァ」
     「ブルーウォーターは絶対に渡さないわッ!」
注:記憶違い(妄想)だったらごめんなさい。

アニメ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<久々の休日 | ホーム | 読書:アメリカで起こっていること--堤未果のルポルタージュ-->>
コメント
----

ラピュタに小説があったとは・・・!!
軽いカルチャーショックです・・・昔ナウシカの解説文が国語の問題で出されたときレベルのカルチャーショックですww

ハウルは原作面白かったですよ~というか原作のが面白かった・・・。
アニメはハウルのカッコよさを見るものですね~原作のハウルはあんなカッコよくない笑
by: フクソン * 2008/05/01 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

> ナウシカの解説文が国語の問題で出された

え!そっちの方がショック!!すごく読んでみたい・・・。

ハウルの原作は特に終盤で人物関係が複雑すぎてkerorou★にはついていけなかったなあ。

小説原作のお勧めは「千と千尋の神隠し」の元ネタとなったプロイスラーの「クラバート」。
暗くて怖いドイツの児童文学。coolです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4037261103?ie=UTF8&tag=kerorou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4037261103
by: kerorou★ * 2008/05/03 17:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/29-baf25693
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。