スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
読書メモ:永江一石「聞くは一時の恥」
2014/09/27 (Sat) 00:37:58
すっごく面白かった。
ネットビジネスがテーマだけど、ネットに限らず商売の基本の心構えとして、自分も押さえておきたい考え方だ。

厳しくズバズバ言う人だけど、「載せるだけで儲かるシステムなどなく、中身が一番大事」と至極真っ当なことを言うのには好感が持てるし、それが生き馬の目を抜く世界で実際に商売をしてきた経験からの言葉だから、説得力がある。
やれFacebookだSEOだと訳の分からぬまま右往左往する人が多いような気がしているので、そんな人たちに是非読んで欲しい。

・・・というのは行きつけの美容室で担当美容師さんに「SEO対策の協力をお願いしていて、ちょっとだけこのWebページを見てくれないか」と言われて何だろうと思って少しだけ付き合ってあげたんだけど、明らかに本人も自分が何をやっているのか分かっていない様子で不毛だし、不毛なことに他人を協力させるのは失礼だな、と思ったからだ。
まあ、馴染みの美容師さんなので、例えSEO対策の効果に関係なくてもその人が幸せになるというなら1, 2分くらい協力するのにやぶさかではないのだが、本人も「?」って感じだったので切なくなった。

本の話に戻る。
これがやりたい(売りたい)という自分の都合とお金儲けを同時に実現したいと願う質問者にビシバシ回答する姿は爽快。
客を増やすために昔からの馴染みの客を切り捨てて客層を総入れ替えするなど「利益を出したいならそのくらいの覚悟は必要だよ?」と誰もに論点をクリアに理解させる、ロジカルな人だなあと思った。

「ネットでよろず相談の仕事をしたい」とか如何にも荒唐無稽に聞こえるものでも、自分がやってみたいと思えば(永江さんに質問して当然ダメ出しをくらう前に)、どんな規模でも実際に始めてみたらいいんじゃないかな?と個人的には思うんだけど・・・。



※SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<塔の上のラプンツェル | ホーム | ドラマなど>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/368-2fbbd8f7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。