スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
塔の上のラプンツェル
2014/10/12 (Sun) 23:50:09
アナと雪の女王が良かったので、ラプンツェルも観てみた。
Amazonで本を買った時のクーポンがあったので、Google PlayではなくAmazonのビデオオンラインレンタルで観た。

とても素晴らしい映画だった。
ジブリの影響を受けているというのは、さもありなん。
カリオストロの城のようなロマンティックなストーリーと、天空の城ラピュタのような風景美と追跡劇のスピード・アクション。
っていうか、このクオリティとエンターテイメント性でジブリはもう最近はディズニーに負けているかもしれない。
心情描写では自由になった喜びと育ての母に反抗してしまった罪悪感の葛藤が愛らしくて笑えるし、モン・サン・ミッシェルのようなお城と幻想的なランタンのシーンもヨーロッパ的で素晴らしい。
終始台詞の無い実の両親、特に、とっても綺麗な母親がヒロインにそっくりなのが素敵だ。
それから髪をバッサリ切られてしまったラプンツェルがめっちゃ、可愛い!
プリンセスらしくはなくなってしまったけれど、日本人なら断髪後の方がツボって人が多いのではないかしら?

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ホテル代メモ | ホーム | 読書メモ:永江一石「聞くは一時の恥」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kerorou.blog84.fc2.com/tb.php/369-a1247111
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。