スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
総括
2011/09/11 (Sun) 23:50:24
2011年9月6日でこのブログは4周年になりました。
ということで、今年も一年間を振り返ってみます。

ところが、2010年後半の手帳を失くしてしまった(あるいは処分した・・・?)ようで、去年自分が何をしていたかいまいち思い出せない。
だからみんな一年のまとめは手帳の変わり目の、年末や年度末にやるのかな、と今更のように気付いた。


2010年秋・・・この頃何をしていたか、今の生活と違い過ぎて本当に昔のことのように感じる。
京都に住んでバイトを二つ掛け持ちして、バイト帰りに大阪のサッカーチームの練習に顔を出していた。
わざわざ大阪までサッカーしに行っていたんだな・・・自由すぎる・・・!
そこでだんだん銭湯に入りづらくなるという自分の身体の変化に気付く。
しかし基本的にひたすらバイトとサッカー(?)の繰り返しで、週末には神戸まで遊びに行ったりと、とても楽しかった。
また通勤時間で本を読んだりと、まさに健康で文化的な生活。

2010年10月末頃だったか、齢29にして職業について考え始める。
予備校講師よりもプログラマとして働きたいと思ったので、どこかの正社員を目指そうと決意する。
そして適当な会社の目星もつけて
「よし、今日バイトから帰ったら応募書類を作ろう」
と思っていたまさに当日、バイト先(ソフトウェア会社)でボス直々に東京で人を募集しているという話をされた。
書類を送ろうと思っていた他の会社にするか迷ったけれど、他の会社の雰囲気がここよりいいという保障は無い。
今の会社が好きだと思えることは貴重なことだし、それにこのタイミングは縁があったということだろうと、正社員になることを条件に東京転勤の話に乗ることに決めた。

そして東京の仕事絡みでOracle Masterの資格を取らせてもらう。
この冬は予備校の最後の勤めと引越し前の東京出張と何やかやで、ものすごく忙しく時間的な余裕が無かった。
しかし2011年の年越しは自分にとって一番大事な人と過ごせてとても幸せだった。

1月の初めての出張で「初日だから深夜過ぎまでいなくても、22時くらいで先に帰っていいよ」と言われたことははっきり覚えている。
# 後日、21時頃帰ろうとしたら会社の先輩と仲が悪くなったということもあったなあ・・・(未解決)

2011年2月、とにかく初めての正社員となる。給料の額にショックを受ける・・・

それからひたすら非人間的に働く。月300時間とか働いてた。夜中3時に仕事を上がってそれから何故か焼肉に行くという場面も多々あった(今はしない!)。
もちろんサッカーとかする時間はない。つまり不健康で社畜的な生活。
運動しないのにどんどん痩せていく。

2011年3月11日、大地震が起こる。
無事だったものの交通も電気も止まるし放射能汚染は酷いし毎日残業だしでこの世の終わりかと思った。
本当はニュースも見ず新聞も読まず政治や世の中に無関心で生きていたいのだが、原発の件では久々にメディアを見て腹が立った。それは今もそう。

・分かっている事実を伏せる
・命を大切にするより空気を読めという有形無形の圧力
・真っ当な心配をする人を「風評」という言葉で貶める
悪質としか言いようが無い。
「偉い人なんてそんなもん」と多くの人は言う。
自分もお金の不祥事とかだけだったら「そんなもんか」と思うかもしれない。
だけど、これだけ多くの人の命がかかっていることについては他の不祥事とは質が違うと感じている。

2011年6月末、賞与の額にショックを受ける・・・

その後、無駄な残業はしないことを心に誓い、同時にどんなに働いてもいいから将来の年収○○円越えを心に誓う。

2011年8月末、30歳になる。
無事にこの歳まで生きてこられたことに感激を覚える。
子どものころは楽しかったけれど大人になることについては殆んど恐怖だったし
20代は大げさに言えば地獄の幕開けみたいなもので生きているのが辛い時間の方が多かった気がする。
それがまあよくここまで、と自分をべた褒めしたバースデイ。


そんな感じで、まあ書いてみると特に笑いどころの無い一年でした。

外見の変化は、美容院に行くと女性ファッションやメイクの雑誌じゃなくてスポーツや車の雑誌を出されるようになってきた。
健康診断は仕事のついでにスーツで行ってしまったので個室の更衣室を用意してもらった。
これから先ますますどうなるのか、恐怖が無いわけでは無い。
無いわけでは無いんだけど、その恐怖はおぼろげに小さく感じているだけ。


年間ベストオブブックス:
うーん・・・、「片付けの魔法」?(笑)
いや、ときめきとか言ってるけどなかなか侮れないって。
日常生活で心地よさを追求することって大事だと思うなー。
「読書メーター」という読書メモSNSに登録してみた。
最近ろくな本を読んでいないということがよく分かる。


年間ベストオブ音楽:
YouTubeでよく聞くのは相変わらず矢野顕子。相対性理論もよく聞く。PerfumeのDream fighterが妙に癖になって未だによく聞く。
こないだ地元の友達二人とカラオケに行って、彼女らがひたすらKARAと少女時代の歌ばかり歌っていたので、これが噂のK-POPかと勉強になった。
あの人たちの顔は何故かあまり好きになれない。が、クセになるというのは分かった(たまにYouTubeで聞いてしまう)。
一番腑に落ちないのは「少女時代」という日本語のグループ名。
日本をマーケティング・ターゲットにするというのは分かる。
歌詞の日本語版があるというのもまだわかる。
だけどグループ名を日本語の「少女時代」として売っているのにはどうにも違和感がある。
名前=アイデンティティ、のような捉え方をしてしまうので、他国語のグループ名で言及する・されることに違和感ないのかしら?とか感じているのは私だけだろうか?


年間ベストオブ映画:
ベストじゃないけどうっかり「HIDE AND SEEK」(2005年のホラー映画)を観てしまった。
主人公の女の子が美形。
ストーリー的には多分二流以下だと思うけど、ホラーが苦手なことを忘れていたのでものすごく後悔した。
夜中の2:06に目が覚めたらどうしようとか思って、怖い~~~!!


年間ベストオブアニメ
唯一コンプリートしたシリーズが「モノノ怪」。
これは映像が美しかった。
美しく怖い日本のホラーで、観たときはめちゃ怖い!これはトラウマ!!と思ったけれど、
不思議と後から本当にトラウマのように怖くなったりすることは無かった。
HIDE AND SEEKは夜中怖くなって一人で震えるほど後悔したのに、これが後から怖くないのは何故なんだろう?

ところで2011年に入ってから仕事以外のことを何にもしていなくて、大体いつも仕事のことを考えているから精神のバランスがいまいちかと思う。
やはり、どんなに忙しくても一日一話のアニメの時間くらい持とう。。。
続きを読む
総括 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新年明けました(2010年分の忘れてた総括)
2011/01/01 (Sat) 01:37:16
結局年末は30日までプログラミングの仕事、年始は年始で2日から予備校の仕事。
もともと休みたい欲はないのでちょうどいい。
しかし自分がこうだと、(休もうと思えば休めるはずなのに)「年末年始なのに休めない!」と嘆いている人の気持ちがわからなくなって困る。
たとえ心の中で「嫌なら休めばいいじゃん」とか思っていても、
「お互い大変ですよねー」と話を合わせておくのが一般社会の会話術なのだろうか。
疲れてなさそうのに「お疲れ様です」という挨拶と一緒かな。

それはともかく、毎年9月頃にやっていた一年間の総括をするのを2010年はすっかり忘れていた。
仕方がないから今やろう。
うーん、2009年10月以降何やってたかなー・・・

2009年10月、大学院に復学。バイトをしながら、論文を仕上げるため一月に一度のペースで大学に通う。そして危うく書くのを忘れそうになったが人生の一大事、ホルモン注射を始めたのであった。
2009年11月、友人の結婚式。仕事で初めて二次元バーコードに触れたのも確かこの時期だったか。
2010年2月、数学の修論発表
2010年3月、修士課程修了、友人の声優オーディション
このあたりで大阪から京都に引っ越す。
後はひたすらバイトして、京都の友人や会社の人と飲むようになって、週末に神戸に出かけたりする生活になった。

こうやってみると結構いろいろあったな。
関わる友人は一年前よりさらに減ったと思うけど、自分の付き合いたい人とは仲良くなれたのでそれでいいと思っている。一年前より落ち着いた状態で過ごせている。
またホルモン注射は、最初は外見が全然変わらなかったけど、一年以上経った今は声も低くなり顔つきも少し変わってきたような気がする。もともとの知り合いにはあまり変わってないと思われているみたいだが、初対面の、たとえば店の店員などには女性に見られることと男性に見られることが半々くらいだろうか。銭湯に入るのには困るレベル。


年間ベストオブブックス
近藤史恵の「サクリファイス」

年間ベストオブ映画はなし。
そもそも映画を観たっけ?「涼宮ハルヒの消失」は観たけど別に・・。

年間ベストオブ音楽
矢野顕子や槇原敬之はコンサートにも行ってもちろんいいのだけど、
あえて言うなら化物語の「君の知らない物語」が曲、声ともにすごくいいと思う。

年間ベストオブアニメ
「みなみけ」(笑)
総括 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
総括
2009/09/27 (Sun) 01:34:43
ブログ開設(2007年9月)から二年ということで、今年も一年間を振り返ってみます。

2008年9月、コンピュータの会社で社会保険等に加入。
2009年1月、サッカーで足の指を骨折。
2009年2月、瞑想の修行に行く。
2009年4月、勤務先の予備校での表記名を中性的な名前に変更する。
2009年8月、大学院修士課程に復学(書類上は10月から)のため、論文を書き始める。

人と関わるよりは自分と向き合うことの多い一年であった。
リフティングの練習をずいぶんやって現在は最高で45回。
最近は、ホルモン治療に踏み切ってもいいかと思ってきた。迷いながらこの一年でその準備をしてきたと思う。

年間ザ・ベスト・オブ・アニメ
今年は割とアニメを観ることができた。
「R.O.D(READ OR DIE)」と「コードギアス・反逆のルルーシュ」のどちらがベストか迷うところだ。
どっちも面白かったんだけど、キャラ立ち具合がツボにはまったR.O.Dかな。
寒い冬の夜、大阪のオフィス街の真ん中でふと気づいたら
「す・・、すみません。。えと、あの、そーゆうわけじゃないんですけど・・」
とか読子・リードマンの物真似を繰り返し練習していた。R.O.Dは音楽もリッチな感じでいいな。
他にはローゼンメイデンシリーズの残りを全部観た。が、これは多分アニメが楽しいというより、水銀灯のラジオを聞いたりコスプレしたりして皆で盛り上がって楽しむものなんだろうな。
あとは「ひぐらしの鳴く頃に」も面白かった。

年間ザ・ベスト・オブ・映画
今年は少しは映画を観た。ケロロ軍曹とエヴァンゲリオンなど。
エヴァは新キャラさんの顎の細さばかりが気になった。綺麗な子だと思うが顎ばかり見てしまう。顎いいな顎。
「おっぱいバレー」も観たかったけど、チケット買う時に題名言うのが恥ずかしいと思って迷っていたら見逃してしまった。
結局一番面白かったのはレンタルDVDで観た「俺たちフィギュアスケーター」か。

年間ザ・ベスト・オブ・音楽
ひぐらしの鳴く頃に解のエンディング「対象a」が好きで何度も聞いた。
三拍子の少し暗い曲は大抵好きだ。例えばサウンド・オブ・ミュージックのMy Favorite Thingsなど。
ひぐらしは羽入のキャラソン「なのです☆」も、いいのです☆
元気の無いときにコードギアスカレンのキャラソンを聞くと、健気でカッコいいカレンのことを思ってピュアな気持ちになれるので支えにしていた(笑)。

年間ザ・ベスト・オブ・ブックス
あれ?
今年は全然本を読んでない。
多分、精神的に疲れていたからだと思う。小説を読んで世界の生き辛さを再認識したり感情を揺さぶられることから距離を置きたくなっていた。
読んだのはせいぜいラノベくらい。R.O.D.の小説版を少し読んで、読子・リードマンの過去が気になるので続きを読んでみたい気もする。
あ、あと1Q84は読んで楽しんだけど、気に入った本では決してないな。
京極夏彦など、読んだら面白いだろうと思う本はたくさんあるので、来月受ける予定の資格試験(電車の中でしか勉強する時間がない)が終わった頃に小説から世界を眺められる耐性が戻っていたらまた読書したいと思う。
総括 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
総括
2008/09/12 (Fri) 02:35:22
kerorou★日記開設から一年が経ったのでこの一年を振り返ってみる(こういうのは普通年末か年度末とかにやるんだろうが世の中の空気を読まないkerorou★の気分の問題です)。
ブログ開設からちょうど一周年で総括を書いてみようと目論んでいたくせに、いつの間にか開設日(9月6日だったらしい)を逃していたことに今更気付く。まあ、細かいことは気にしない。


まず、ブログ開設のきっかけとなったジェンダー関係(その後どんどん目的不明のブログへと現在進行形で変容中・・・)

2007年9月、このまま生きていられないと思い、すぐできるところで通称名を改名。あえていかにも反対の性別っぽい名前にしてみた。戸籍名を変えることは多分いつでも可能だが迷いと面倒で放置中。
その後有難いことに職場の一部で通名の扱いを認めてもらうことができ、逆に自分自身がだんだん戸籍名や名前というものに拘わらなくてもいいかと思えてきた(現時点では)。

2007年11月、性同一性障害の診断を取るために通院を始めた。
"受診希望者数 >> 専門医"という状況でどこの病院も新規患者の受け入れ困難な状況だったにも拘わらず、近場のクリニックを見つけて通院できたことは友人の紹介のおかげであった。力を貸してくれた方々には本当に感謝しています。

その間主に性差別関係での闘いを孤独に数箇所で試みるも惨敗。詳細は省略。

2008年8月、性同一性障害でホルモン投与治療承認の判定。これも大きな前進。
やるとしてもその副作用に身体が耐えられ今のように働けるかどうか心配なのでホルモン関係(更年期障害とかも)の本を借りてくるが、疲れているのであまり読めていない。


プライベート関係:
バイトが忙しかった・・・。
そのストレスをネットショッピングで発散する悪癖がついてしまったのでちっともリッチになっていない。
体重が5kg以上減少。幻のX0kg台に突入?職場で飲んでる黒烏龍茶の効果もあるのかもしれない。健康志向による「みんなのフィットネス」でのエクササイズを続けているおかげでますます太らない。
基礎体力をつけることが今後一番の目標。


以下年間ベストオブのコーナーですが、大変個人的な趣味による評価になるのでご了承ください。


年間ザ・ベスト・オブ・ブックス
辻村深月「スロウハイツの神様」(伊坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」と迷ったが)。
感情が生々しいというか生き生きしているというか、ここまで心深くに揺さぶりをかけられたことを評価。好きなタイプの話だし、読後感も最高。

年間ザ・ベスト・オブ・アニメ
アニメ好きを自認しておきながら信じられないほど数をこなしていない。一体何のために生きているのかと自問自答。
有名どころのローゼンメイデンは最初のシーズンだけ見たがいまいち低評価。絵が綺麗でもキャラ萌えばかりが売りな気がしてならない(好きな人ごめんなさい)。今後、再度見たり他のシーズンも見たら少しは評価変わるかな?
この一年間で言えば、過去に見たものの見直しになってしまうが「少女革命ウテナ」がベストかな。作画は汚いが。
鳳学園生徒会長とスナフキンとクルル曹長の声が同一人物であることを知った年。子安武人さん最強だよ・・・。


年間ザ・ベスト・オブ・ムービーズ
映画なんかちっとも見てない!ポニョも。
唯一見たかったケロロ軍曹劇場版も、最寄の映画館でやっていなく忙しかったこともあって見逃してしまった。
とにかく映画を見てないのでベストでも何でもないが強いて見たものを言えば、知人に借りた「時をかける少女」のDVDか。あれは素直に好きと言えないのに山場で強制的に泣かされる感じで天邪鬼のkerorou★としては悔しく反則だ!と叫びたくなる。
声優や演出の下手さに苛ついているのかと思ったが、多分本当に苛ついているのは主人公の真琴という人間に対してなんだろう。声が下品で他人に気を遣わず突っ走るガキ。それを「真っ直ぐで不器用」と肯定なんざしないね。しかしあの踏切での事故り方には憧れるものがある。すごい死に方だ。うん。
まあでもとにかくクライマックスで泣かされたことは確か。ラストみんなでの野球シーンはいい感じだった。

年間ベスト・オブ・音楽
なし。
音楽に熱くなる時期と醒める時期の落差が激しいので。
今年は特にそれほど音楽に興味がなかった。
しかし夢の中によくのっちが出てくる(笑)。

年間ベスト・オブ・漫画
漫画は図書館にないのでこれもあまり読んでいない。
鋼の錬金術師、のだめカンタービレ、テレプシコーラなど読みたいものはたくさんあるが。
雑誌エロティクス・エフ は毎号買っている。


・・・まあなんだかんだ言いながら実は楽しんでます。
今後、更に面白い作品に出会えますように。
総括 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。